本校の英語教育

   ホーム  >  本校の英語教育 [ 英語イマージョン教育 ]
 英語イマージョン教育

平成29年度グローバル人財育成強化事業 英語イマージョン教育研究授業

 9月29日(金)、本校を会場校として、標記の研究授業が行われました。
 英語イマージョン教育は、英語以外の授業を英語で学ぶことで、より実践的な英語力の向上を図ることを目的としています。生徒が日本語で学習した知識や技能を英語で理解・表現できるようになることを目指しています。
 研究授業は1年3組の現代社会で、地歴公民科教諭とEAS(English Activity Supporter)とのティームティーチング形式で行われました。学習した単元名は「各国の政治体制」で、民主主義がどのような原理で行われ、その諸原理が各国の政治制度にどのように反映されているかを学ぶ単元です。この時間は「アメリカの大統領選挙」に焦点を当てて、英語による授業展開の中で、同国の選挙制度の仕組みを理解し、民主主義のあり方を考察するという内容でした。
 英文のパワーポイントによる説明、班別協議と英語による発表など、生徒は積極的に楽しみながら授業に参加することができました。
 この日は県教育委員会並びに県内の公立高校から多数の先生方が参観されました。研究授業後の研究協議や指導助言において、本校の教育活動に御理解をいただき、また多くの建設的な御意見や御指導を賜りました。この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

 

    



 ホーム