学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]
 校長挨拶

 

校長挨拶

                              

 

 

若者たちの未来を創るJONAN!!

 

                                                          長  田 哲

 

 皆様、新年明けましておめでとうございます。この度は福岡県立城南高等学校のHPにお越し頂き、誠に有り難うございます。

 近年、科学技術の進展やグローバル化などのスピードは、加速度的に速くなっており、私たちが生活する社会の在り様は大きく変化しました。「スマホ」や「インターネット」は当たり前となり、IoT、AIなど子どもからその意味を聞かれても、大人が満足な説明が出来ないような言葉が飛び交っていますし、コンビニに行けば必ずと言って良いほど外国人留学生が日本語を上手に使って働いています。20年前は想像も出来なかった様な高度情報化やグローバル化が今や現実のものとなっています。

また、地球環境問題や宗教・民族の対立など、私たちの目の前で生じている問題の多くは、様々な要因が複雑に絡み合い、その解決のためには、グローバルな舞台で文化や言語を異にする多様な人々と積極的に対話が出来る人材が必要です。新しい時代が若者に求める姿は、これまでの学問領域の枠を超えた幅広い知識と高度なコミュニケーション能力を有し、旧態依然たる枠組みを軽々と超えて社会に貢献できる人材としての姿であります。   

城南生諸君にも、そういった創造的思考力や豊かな言語力、そして何と言っても自らの未来を切り拓く自己実現力を身に付けて欲しいと思っています。

城南高校は、平成22年度から「スーパーサイエンスハイスクール(SSH」の指定を受けています。「持続可能な開発のための教育(ESD)」を中軸に、人類が直面する様々な課題の解決に貢献できる力を培うことを目指し、生徒たちによる課題研究や探求活動に取り組んできました。加えて本年度より県指定による「グローバル人財育成強化事業」もスタートし、海外の高校との「即興型ディベート」交流や英語以外の教科においてもオール・イングリッシュの授業に取り組む「英語イマージョン教育」など英語力の向上にも努めており、新しい時代において社会で幅広く貢献できるための資質能力の育成を強化しています。2020年から大きく変わる大学入試制度に対しても、私どもは、これらの取組により完璧に対応できると考えています。

  また、本校の生徒諸君は、伝統ある「進取・明朗・端正」の校訓のもと、文武両道を旨とし、毎日の授業や学校行事等に一生懸命取り組み、充実した高校生活を送っています。昨年のインターハイ予選では、多くの運動部が県大会への進出を果たし、文化部も全国大会や九州大会に多数進出を果たしました。そして、このような城南生の頑張りは、卒業後の進路実現にも見事に発揮されており、昨年春の大学入試では、京都大学等の難関大学への合格をはじめ、九州大学への合格者44名など、素晴らしい結果を実現しました。

 本校の生徒たちは、みな立ち居振る舞いが整っており、明朗で、何事にも主体的・積極的に取り組みます。困難な課題にも臆せず立ち向かい、目標を達成しようと日々努力しています。その城南生の資質を支えているもの、それは、創立以来54年の歴史によって培われた城南のスピリッツであります。城南の歴史と伝統は、それに真摯に応えようとする生徒たちと、彼らを更なる高みへ導かんとする情熱的な教師達によって受け継がれていくことでしょう。どうか今後とも城南高校に、皆様の変わらぬご声援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 ホーム