福岡県立城南高等学校

学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]

 

校長挨拶

                              




 

令和4年4月8日

校長 矢ケ崎裕和

 

福岡県立城南高等学校のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

本校は、昭和38年11月1日に福岡県より設置の認可を受け、翌昭和39年4月、第1期生の入学式を挙行し、「進取・明朗・端正」の校訓の元、社会への貢献を志す有意な人材の育成に努めてまいりました。卒業生も2万3千名を超え、地域に信頼される高等学校として59年の歴史を紡いできました。

平成7年度に「城南ドリカムプラン」をスタートし、本県のみならず、全国的にも有名なキャリア教育のパイオニアとしてさまざまな取組に着手してまいりました。この「ドリカムプラン」に基づく教育活動は、「自分の人生を何に使うかを見つける」という本校の教育の根幹を支える柱となっています。そして、平成22年度からは、文部科学省より「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定を受け、科学技術に関する人材の育成にも力を入れています。平成26年度までの5年間(第一期)は、環境やエネルギーなどを中心とした持続可能な社会の実現に向けた取組みについての研究を行い、さらに平成27年度から令和元年度までの5年間(第二期)では、高度な課題解決能力と課題解決に向けた実践力とを身につけた人材の育成を目指した取組みを行ってまいりました。そして現在は、令和2年度から令和6年度までの5年間を第三期としての指定をいただき、データ駆動型社会を支える科学技術系人材の育成を目指した取組みを行っているところです。

また、授業等においても様々な手立てを取り入れた教育活動を展開しています。「理数ゼミ」や「ESD探究」など、他の人と協力しながら課題を解決する力を身につける探究的な活動の実施、アクティブラーニングの積極的な推進、「即興型英語ディベート」の導入など、生徒が主体となった様々な活動を学校全体で行っています。このように、本校は3年間を見通したうえで、何事にも積極的に挑戦でき、自分の新しい可能性や能力を見つけることができるシステムやプログラムが整った高等学校です。今後も生徒の夢の実現につながる教育活動を実施してまいります。

創立59年目の今年、先輩方とともに本校のあらたな歴史を積み上げていく、新入生441名が城南高等学校の歴史の1ページに加わりました。学校行事や部活動等においても、新型コロナウイルス感染症への対応が前提ではありますが、できる限り活動の場を保障できるよう取り組んでまいりたいと考えています。「進取の気象を有し、端正にして明朗なる生徒の育成」という創立時からの目標を常に忘れず、失敗を恐れず積極的に新しい物事に取り組む気概を持った生徒が育つよう、学校をあげて全力で取り組んでまいります。そして来年は、創立60周年という記念の年でもあります。人間に当てはめれば、還暦にあたる祝賀の年でもありますので、記念事業等の実施に向けた準備にも着手してまいります。皆様方におかれましては、引き続き、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げて、挨拶とさせていただきます。

 

 ホーム
福岡県立城南高等学校
〒814-0111福岡県福岡市城南区茶山6-21-1
Tel:092-831-0986  Fax:092-823-0386
Copyright (C) 福岡県立城南高等学校. All rights reserved