福岡県立城南高等学校

本校の英語教育

   ホーム  >  本校の英語教育 [ 英語イマージョン教育 ]

平成30年度英語力向上推進強化事業(英語イマージョン教育)研究授業

 平成30年10月22日(月)、本校を会場校として、福岡県教育委員会主催による標記の研究授業が行われました。
 英語イマージョン教育は、英語以外の授業を英語で学ぶことで、より実践的な英語力の向上を図ることを目的としています。生徒が日本語で学習した知識や技能を英語で理解・表現できるようになることを目指しています。
 本校は「グローバル人材育成強化校(本校を含め、県内8校)」の指定を受けて2年目になります。標記の研究授業は、EAS(English Activity Supporter)を活用した英語イマージョン教育を行うことにより、各教科の基礎的・基本的な知識・技能を活用する力や論理的思考力、判断力及び表現力に加え、より実践的な英語力を身に付けたグローバル人材の育成に資する授業実践のあり方を研究することを目的としています。
 研究授業は1年9組の国語総合(現代文)で、国語科教諭とEAS(English Activity Supporter)とのティームティーチング形式で行われました。学習した単元名は評論「ものとことば」(鈴木孝夫)で、言語学の入門として長く読まれ続けてきた文章です。本時は単元の導入として、EASとの言語活動を通して、筆者の述べる考え方に触れることを指導目標としました。「英語では区別しないが日本語では区別するもの(例:英語のriceと日本語のライス・ごはん・めし)」について考え、筆者の述べる「名称の違いは、単なるレッテルの相違に過ぎないのではなく、程度の差こそあれ、かなり違ったものを私達に提示している」という考え方を日常生活レベルで把握することをねらいとしました。
 EASによる英文と画像のパワーポイントによる講義、生徒の班別協議と発表(日本語にはあるが英語にはない区別を英語で説明・発表)など、生徒は積極的に楽しみながら授業に参加することができました。
 この日は県教育委員会並びに県内の公立高校から多数の先生方が参観されました。研究授業後の研究協議や指導助言において、本校の教育活動に御理解をいただき、また多くの建設的な御意見や御指導を賜りました。この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

 

    








 ホーム
福岡県立城南高等学校
〒814-0111福岡県福岡市城南区茶山6-21-1
Tel:092-831-0986  Fax:092-823-0386
Copyright (C) 福岡県立城南高等学校. All rights reserved