福岡県立城南高等学校

学校生活・行事

   ホーム  >  学校生活・行事 [ 始業式・終業式 ]

第3学期始業式が行われました。

 令和2年1月9日(木)、第3学期始業式が行われました。以下に和田美千代校長の式辞(プレゼン資料)を掲載します。

                                                                                                              
                                             令和元年度第3学期始業式 校長式辞
 

令和元年度第3学期始業式校長式辞パワーポイント内容 新しいウィンドウで表示(PDF:271キロバイト)

 

 始業式の後、賞状伝達式が行われました。以下の部活動や項目で表彰が行われました(個人、団体)。

   男子ソフトテニス部、書道部、文芸部、

   令和元年度「城南歌壇」 最優秀賞、金賞、銀賞、銅賞、および職員部門最優秀賞

   英語科教職員(PDA即興型英語ディベートにおいて、本校が世界大会出場を決めたことによる)

 

 その後、主幹講話があり、村田祐子生徒育成部門主幹は以下の話をしました。
 「皆さん、おはようございます。そして、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  また明日から、朝の登校時に西門に立つつもりですが、その西門を想像してください。西門は10メートルくらいしかありません。君たちが西門を通過する時、あいさつ通りを通行している小学生もいます。小学生を通すために君たちが(自転車を)一旦停止してくれると、『ありがとうございます。おはようございます。』と言う児童もいます。何も言わない児童もいます。待ってくれていると思って急いで通行する児童もいれば、普通に通行する児童もいれば、ゆっくりと通行する児童もいます。ここにも人間性というものが出ます。『たかが10メートル、されど10メートル』 毎日きちんと挨拶をする児童は、1年間でものすごい成長を遂げます。君たちは如何でしょうか? 何キロもある通学路を通って来ている生徒が多いと思いますが、ぜひ思いやりの気持ちをもって通学してほしいと思っています。

  さて、新年にあたり、皆さんは1年間の計画を立てましたか? 未だの生徒は、ぜひ立ててください。『今の自分を変える、今の自分を超える』 そう言うのは簡単ですが、実現させるのは大変です。頑張ってください。

  過去にとらわれてはいけません。中学時代、人間関係がうまくいかなかったとか、部活動の大会で失敗したとか、そういう思い出したくない嫌な経験を持っている人もいるでしょう。しかし、君たちには明るい洋々たる未来があるのです。

  受験を目の前に控えた3年生、昨年まで(模擬試験で)思ったような結果が出なかった人、それはもう過去のことです。過去を振り返らずに未来を見つめて、受験に取り組んでほしいと思います。

  生徒指導の立場上、私はよくネットパトロールをします。ツイッターの裏アカウントがありますね。名乗らずに他人を誹謗中傷するのは卑怯です。『天は見ている。お天道様はお見通しです』 何かものを言う時は名乗るべきです。陰の誹謗中傷は、ときには組織を崩壊させます。皆さんはグローバルな世界を生きていく人材です。自分と違うからと言って他人を認めないのは良くありません。クラス40人、部活動の仲間たち、全員を認めていきましょう。

  (ラグビーの"ONE TEAM"の例え話をして)2020年、クラス→学年→部活動→学校全体が"ONE TEAM"となっていくのです。この1年が得るものが大きい年になるように、と願っています。」

      


和田美千代校長による式辞 (パワーポイント使用)

 

   
賞状伝達式の様子①



賞状伝達式の様子②



 

 

 ホーム
福岡県立城南高等学校
〒814-0111福岡県福岡市城南区茶山6-21-1
Tel:092-831-0986  Fax:092-823-0386
Copyright (C) 福岡県立城南高等学校. All rights reserved